2011年11月22日

モデル概要

1990年にトヨタの大型ミニバンとして発売されたのがこのエスティマです。その流線型は当時でも珍しくトヨタは「天才タマゴ」と呼んだそうです。とにかくこの自動車は実用性が高く、いろいろな方面で使われています。人気は高く、発売当時の一番最初のモデルが現在でも人気です。そんなエスティ間について紹介したいと思います。

デザイン性
 前述にもあるように流れるようなラインは魅力的です。初代の発売当時は高級ミニバンとしても販売されていました。

運動性能
 初代のエスティマはエンジンが運転席の下にありアンダーフロア型ミッドシップレイアウトになっています。これにより運転するときに安定性が出ます。そしてスーパーチャージャー搭載のエンジンも後に発売されました。サスペンションもダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用されており、快適性では一切手を抜いていないようです。

続きを読む
posted by taro at 04:09| トヨタ

2009年12月22日

エスティマハイブリッドの値引き額と購入価格

根強い人気を持つエスティマハイブリッドも2011年の初めごろにはフルモデルチェンジが予想され、モデル末期に入ったため値引き幅は拡大傾向にある。
トヨタ店とカローラ店で併売されているので、競合させて値引き交渉を進めたい。
新型の発売後は納期の遅れも予想されるため、新型にこだわらないのならエコカー補助金も利用出来るうちに現行モデルを購入する方が安く購入できる。

続きを読む
posted by taro at 14:11| トヨタ

2009年12月17日

エスティマ、エスティマハイブリッドを一部改良

 TOYOTAは、エスティマ、エスティマハイブリッドを一部改良し、全国のトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を通じて、12月14日より発売した。

 今回の改良では、最新の排出ガス試験モード(JC08モード)において、エスティマ3.5L車が温間時の測定モードで、エスティマ2.4L車が冷間時の測定モードで、それぞれ「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*」の認定を取得している(エスティマ3.5L車の冷間時、エスティマハイブリッドの冷間時・温間時の測定モードにおいては、すでに認定を取得済み)。

* 国土交通省の低排出ガス車認定制度

続きを読む
posted by taro at 14:47| トヨタ

2009年09月10日

新車の値引き

エスティマは四角い箱型のミニバンとは異なるスタイリッシュな魅力を持つクルマである。全体的なイメージは従来のモデルを継承したキープコンセプトながら、近未来感覚のデザイン的なカッコ良さは相変わらずだ。全高が高めに作られており、走行性能も安定している。2362ccのグレードXなどはLサイズの割に価格がかなり安くおさえることができるので大人気。洗練された内装も人気の秘密である。

続きを読む
posted by taro at 11:08| トヨタ

2009年05月20日

買取相場を調べよう

エスティマを売買するときには必ずその相場を調べておきましょう。車の価値を知らないまま商談するとオーナーの無知に付け込んで安く買い叩くような業者もいますので後になって泣くことになりかねません。

続きを読む
posted by taro at 02:17| トヨタ

2009年05月04日

カーリース

エスティマのカーリースとは、エスティマを一定期間(契約期間)、月々定額で使用できる支払プランです。
リース期間中、ユーザーは購入したのと同じようにそのエスティマを占有して使用することができます。

通常リース料には、エスティマの車両本体価格(+付属品代)のほか、リース期間中に発生する自動車取得税、新車登録時手数料(車庫証明代行手数料、納車費用等)、自動車重量税、自動車税、自賠責保険料が含まれます。

続きを読む
posted by taro at 19:30| トヨタ

2009年04月22日

3代目エスティマ

2005年の東京モーターショーにてコンセプトモデルが発表され、市販仕様はこのコンセプトモデルに準じたデザインで2006年1月16日より市販された(追ってオセアニア向け(現地名:タラゴ)やアジア向け(現地名:プレビア)も発売されたが、欧州向けは今回からなくなっている)。

先代のような販売店による区別がなくなり、車名が「エスティマ」に統一されたが、車両型式の末尾に付される車種グレードごとの細分記号は販売店で異なる。

俳優の役所広司が、この型のハイブリッドを所有している(ちなみにトヨタのハイブリッド車という点で共通するプリウスのCMに出演)。 同じくハイブリッドが青森県知事及び同第1副知事、大阪府知事、環境省などの各公用車として使用されている。

エクステリアデザインは2代目の正常進化型だが、ヘッドランプは涙目風のデザインを採用し、より精悍な印象となった。また、三角窓を継続して採用したほか、全てのピラーをブラックアウトし、ルーフが浮いているようなイメージの「フローティングルーフ」となっている。また、2代目はウィンカーにサイドマーカーを採用していたが、3代目ではそれがなくなり、代わりにサイドターンランプが付いたミラーが標準装備となった。

インテリアデザインはセンターメーターこそ継承したものの、2代目とは打って変わって、直線基調で広がり感のあるデザインとなっている。

続きを読む
posted by taro at 16:59| トヨタ

エスティマハイブリッド

エスティマハイブリッドは、2001年6月に登場したトヨタ自動車ではプリウスに次いで二番目、ミニバンでは初となる市販のハイブリッドカーである。重量がおよそ1.85トン、排気量2.4Lのガソリンエンジンを搭載する車両ながら10・15モードで18.0km/l(マイナーチェンジ後は18.6km/l)という低燃費を達成している。

続きを読む
posted by taro at 16:58| トヨタ

2代目エスティマ

2代目は2000年1月6日に発売された。 のちに欧州市場向け(プレビア)とオセアニア向け(プレビアもしくはタラゴ)も発売されたが、北米向けは発売されなかった(初代を参照)。

初代のミッドシップエンジンを改め、卵型の丸みを帯びた車体を踏襲しつつもカムリのFFシャーシを用いたことにより、更に乗用車のイメージが強くなった。なお、2代目以降はフロントエンジン・フロントドライブである(エミーナ/ルシーダは統合のため廃止)。2001年6月にはハイブリッド版のエスティマハイブリッドが発売された。

続きを読む
posted by taro at 16:57| トヨタ

初代エスティマTCR1/TCR2型

初代は1990年5月12日に発売され、その卵をイメージさせる未来的なスタイルで注目を集めた。従来のワンボックスカーでは前輪前・運転席下に位置しているエンジンを、横に75°寝かせることにより平床化に成功、前輪も運転席の前方に置くことにより、世界にも例を見ないアンダーフロア型ミッドシップレイアウトが採用された。1989年、初の幕張メッセでの開催となった、第28回東京モーターショーでの、「動くカットモデル」は大きな話題となった。

商用グレードを用意せず、サスペンションも前軸はマクファーソンストラット式、後軸はセミトレーリングアーム式の4輪独立懸架を採用するなど、当時のワンボックスカーの常識を超えた、意欲作であった。

続きを読む
posted by taro at 16:54| トヨタ